Rain drop

ふわふわと揺れる想い 風に乗せてどこまでも
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< マスカットティー | main | となりどうしでわらって >>

花々

 「カフーを待ちわびて」のサイドストーリー。
沖縄には、都会の忙しさから逃れるように
癒されるために、訪れ、
その居心地さに、そのまま移住する人も居るそうです。
それが『沖縄病』だそうです。

なんだろう、わたしもいつか、その一人になりそうな気がする。


旅をしていたら、
大切なひとを置いてきてしまったということを
思い出してくれたり、
自分がどれだけ、弱い人間かということも
教えてくれると思います。
でも、旅をするにはわけがあって、
自分たちの『花』を咲かせるために
旅をしているんだと思います。


この本をよんで、いつか、わたしも、
自分の『花』を咲かせたいと思いました。
わたしの『花』はどんな色をしているんだろう。
どんな香りをしているのだろう。
どんなかたちなんだろう。

いつか、フラッと旅にでてみたい。
book | comments(1) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色 | 2009/10/08 3:43 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
明青と幸が出会ったとき、島では何が起こっていたのか。 ダイバーズショップの純子、明青の初恋の女性、成子。美しくも儚い島物語。 対照...
花々 原田マハ | 粋な提案 | 2009/10/08 3:25 AM