Rain drop

ふわふわと揺れる想い 風に乗せてどこまでも
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 走り出すんだ | main | lunch&shopping >>

遠い日の記憶

可愛い風景をみました*
なんだか心がいやされました。
見ず知らずのおチビちゃんズありがとう*
おばちゃんの心は
癒されましたよ*


 
仕事の帰り道。
歯医者さんがある交差点で信号待ちをしていていたら、
ふと、歯医者さんのほうを見たら、
可愛い風景がそこにありました。

診察を終えて、トコトコと駐車場へ出てきた
幼稚園の制服を着た可愛い姉妹。
妹が何かお姉ちゃんにせがんでいる。
仕草はまるで抱っこをねだるような感じ。
そんな妹を見たお姉ちゃんは、
瞬時に小さいママに変身。
抱っこをして、階段を降りようとするではないですか。
でも、抱っこは長くは続かない。
でも、何とか妹を抱っこしようとする小さいママ。
信号待ちをしていた私は、
信号を気にしながらも『がんばれ』と声援を送ってみた。
そしたら、1段だけ階段を下りることに成功♪
心の中でパチパチと手を叩いてみた。

きっとこの姉妹は仲がいいんだろうなぁ~
って思いながら、
幼稚園の頃の自分を思い出してみた。
たぶん、そのころから、私は友達をつくることが苦手だったみたい。
一人で砂場で遊んでいた記憶があるし、
一人で縄跳びをしていた記憶がある。
雨の日は一人でブロックで遊んでいたような気がする。
友達と何かをしてみた記憶がないなぁ~。
なんて思ったり(笑)
でも、それなりに幼稚園は楽しかった気がする。
てか、一番楽しかったのかも知れない。
通園バスの通称ペンギンバスに乗るのも大好きだったし、
夏のプールが好きだった。
金曜日に出るカレーライスも好きだっし、
先生の笛の音色も好きだった。
年長の時のクラスの先生よりも、隣のクラスの先生が好きだったし、
体操の先生がかっこよかった記憶がある(笑)
スキップがなかなかできなかったけれど。。。
そう。そう。
幼稚園のカリキュラムで習字があって
その時から習字はやっていたな♪
それに、唯一自慢できることといったら、
卒園前のお楽しみ会で、園児代表でスピーチをした♪
それが自慢♪
内容は忘れたけれど、必死にスピーチしたことは覚えている。
たぶん、あの時が一番輝いていたんだと思う。

あのころが一番のびのびとしていたのかな。
あのころに戻りたいけれど、
戻れないのは分かっている。


それにしても、今日のたった3分ぐらいの出来事だったけれど、
すごく癒された。
あの姉妹には感謝したいな♪
ありがとうおチビちゃんズよ。




 
イチゴの独り言 | comments(1) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

何かさっ、せつないよね(笑)戻れないと分かってたら違った歩み方をしてたかもしれないのに。でも同じ自分だから結局は今に続いていたりするのかもしれないとも思った(笑)私もあるよ、そういう瞬間に思い出される記憶。それで浸りすぎて悲観的になったりするけど(笑)子供を見ると記憶が優しくよみがえってくるのは何でだろうなぁ。自分も子供だったからかなぁ(´ー`)☆ミ
クレオ | 2011/02/23 2:19 PM
コメントする